スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『歯周病セカンドオピニオンの憂鬱…!?』


20180729-09.jpg

こんにちは~、ママ犬です。
久しぶりに河川敷の青空のお写真からスタートのリンタンブログです。

リンタンを毎週、あちこちの病院に連れていきました。
罪滅ぼしに、休みの残り1日は、河川敷のお散歩に。。
本日、リンタンのセカンドオピニオンその後のお届けです。

いや、この記事は、あれもこれもムカつくわで、、思い出すだに腹が立つ。。
で、記事もやめようかと思いましたが、やっと何とか落ち着いて、
リンタンは今日は手術でお泊りです。。

無事に明日の帰還を祈りつつ、
セカンドオピニオンその後をお届けします。




★病院のリンタン★
20180729-03.jpg



ここは、ママ犬家からチャリで行ける真駒内動物病院。
リンタン、本日(8月4日)こちらで歯周病の手術です。

さて、この病院にいくまでの経緯について。

セカンドオピニオンで厚別中央の口腔歯科に強い病院にいきましたが、
いやここは、歯科だけじゃなく他の病気もしっかり見てくれる、
オールマイティの病院で人気の病院なのです。
で、検査に一日、手術一泊、
予約を入れたいけど、ママ犬のお休みと合わない、ここはというところが空いてない。

で、診ていただいた日は、予約は入れずに電話で連絡しますと言ってお暇しました。

その後、帰宅して、お友達&リクママ他から、
ちょっと、お値段高すぎない(10万ほどとのお話しでした)全部抜歯が必要かも含めて
もう一件きいてみたらとアドバイスが。


★河川敷のリンタン★
20180729-02-2.jpg


予約も取れていないので、電話やメールで問い合わせたら
確かに料金は6万から7万くらいのところもある。
全抜歯が必要かは、やはり見ないとわからないので電話やメールではだめ。

平岡で懲りたママ犬は、できれば遠い病院には行きたくない。

で、札幌で動物病院の医大と言われる高橋動物病院へ。
が、ここ、最低でした。
獣医が複数いるんだけど、若いお兄ちゃん獣医師、
おおよそネットに書いてような一般的なことしか言わず、
リンタンの体重すら測らん、もちろん口にも触れない。。。。
アシスタントの助手もいない。

全部抜く必要はあるんですか ⇒ わからん、麻酔してみないと。
前歯は、歯茎が後退して、このくらいなら抜く必要があるといわれたんですが
⇒ 歯を見て、厚別の先生がそういったんですね、そうですね、確かに抜かないといけないかも。。。
(一事が万事こんな感じ、厚別の先生のまえにあぁたはどう思うの!?)

料金を聞くと、前歯抜くだけで、6万だって、そのほか1本1万いくらで
全部抜いたら、4~50万かい、、、(犬の歯は、42本あります)
という訳で、この料金で、抜歯をしたい方は、この病院へ行ってください。

ママ犬は、料金も、もごもご言ってる兄ちゃんに
そうですか、
わかりましたといって去った。。。

で、最後に清算お支払いの時、セカンドオピニオンだといって診察をうけたら、
なんだか、急患扱いで、アニコムの窓口清算ができないから自分で申請してくださいと。

そこまでは、まぁいいとして、診察券も作らない。
で、窓口の人曰く、厚別に戻られるんですね。

はぁああああ、、、ここで、できるかを聞きに来たんだけど、
厚別で手術受けるとは一言も言ってねええええ
ちょっとビビった受付の女子、手元に記載した獣医の記載事項に目を落とす。

ママ犬、その様子をみて、そこに、厚別に戻って手術を受けると記載してあるの!?
焦って、受付女子、ママ犬をみる、
そこにそうやって書いてあるの、あの獣医が!?
ここで、やる気はないんだね、わかった!!!!

いえっ、そんな意味では~~~。。。

もう、遅いわボケが、言ってもいないこと、カルテに記載するんじゃね~!!!!
↑心の中で叫ぶ。。

みんなの心優しいアドバイスに基づいてのセカンドセカンドオピニオン、、
初回、ちーん、、、


★河川敷で遊んでお休みのリンタン★
※ 歯がある最後のお写真か。。
20180729-08.jpg


さて、翌週土曜日、厚別に電話したら、ママ犬がお休みを取った日も、土曜もやっぱり予約入れられません。
リンタンのお口の腫れは、どんどんひどくなります。

近所のはらだ動物病院へいきました。
電話で料金は聞いていました。電話でお話しをした時も感じのいい女性でした。
全部抜歯したら、10万くらい検査も含めてかかる。

が、実際にリンタンを見てくれた先生が、、うちではできませんと。。

なぜなら、ママ犬が行った2件の病院は歯科用レントゲンの機材設備があり、
それは通常のレントゲンより鮮明に歯のレントゲン写真を映し出し、
歯周病のポケットの深さの判定に役立ちます。

下に歯周病の治療を記載しましたが、
※の部分が、できる病院とできない病院があるんです。
これは、レントゲン写真だけではなく、歯周病のポケットの深さを測る、
人間に使う鍼よりもっと大きめの鍼のような器具を使って
1本1本歯周病ポケットの深さを測ります。
数か所HPを見たけど、歯周ポケットの重症度評価をして
正確に抜く歯と抜かない歯を決めるらしいです。

※をやらない病院では、歯茎の腫れや後退具合通常のレントゲン写真から、
抜歯が必要かを決める。(重度の歯周病は骨まで溶け出します)
ある意味では、正確な治療とは言えません。


--------------------------------------------------------------------
歯周病の治療について (真駒内動物病院HPから)
 超音波スケーラーで歯垢と歯石を除去します(スケーリング)
※歯肉退縮・歯根露出・歯槽骨への感染、歯周ポケットの深さなどを調べます(重症度評価)。
 歯周病の進行が重度で回復の見込みがない歯に関しては抜歯処置を実施します。
 抜歯部位によっては、歯根の分割、フラップ形成による抜歯跡閉鎖などの外科処置を実施します。
 超音波スケーラーで再度細かい部分まで歯垢と歯石を除去します(スケーリング)。
 歯周ポケット内の歯垢と歯石を除去します(ルートプレーニング)。
 歯周ポケット内の炎症性肉芽組織の掻爬など歯周外科を行います(キュレタージ)。
 歯面を滑らかにするため、専用機器と研磨剤を使用して研磨します(ポリッシング)。

--------------------------------------------------------------------

で、先生曰く、
初めてうちの病院へ来た方なら、見た目悪いところを抜いたりするでしょうが、
歯科治療の強い病院へ行った方なら、
歯周病の評価をして抜歯を判断してほしいのでは!?
その場合は、うちではできないので、厚別に行かれるか、
もう一件歯の治療に強い豊平の病院へ行かれた方がいいのではと。
(豊平の病院は、日曜お休みの病院で、
歯科治療に強い病院を探した時に一番最初に除外された病院 笑)

この先生はできないことはできないという、その場合は他の病院を紹介する
(ガンなどでも別の病院の治療が必要な場合は紹介しているらしいです)
(待合室で他の方から聞いた)
ある意味、とても信頼できる先生だと思いました。
ごまかしやウソがない。

で、ママ犬この先生のお話をきいて、なるほど、抜くだけなら
厚別じゃなくてもどこの病院でもやってくれるのではと思ったけど、
どうやら、厚別(歯の治療に強い機材もそろった病院)へ行ったあとでは
どこの病院でもやりたがらないんだと悟りました。
(高橋動物病院の若い医者はこの先生のように、
相手を納得させて厚別へ行ってくださいという能力に欠けてたんだわ)


★真駒内動物病院★
20180729-04.jpg



が、ママ犬はどうしても、来週には、リンタンの歯の治療をどこかでしてほしかった。
だって、リンタンお口がどんどん酷くなるし、病院探しも、もおええわだったので。

真駒内動物病院は、リンタンが歯以外の病気の時に行っている病院です。
お耳とか、狂犬病の予防接種など。

で、こちらの病院はいい病院ですが、不定期休で日曜お休みが多いのです。
3日にお休みを取っていたママ犬、、う~ん、ダメ元で聞きに行こうかで
その日、2件目の病院へ。

こちらでも、当初お断りモード満開でしたが、
仕事の関係で、土日しか都合がつかない、
厚別は予約が取れない、リンタンのお口はどんどん酷くなるよ!!というと

わかりましたといって、なんと翌週の土曜日にすぐに手術の予約を入れてくれました。
ついでに、その日のうちに術前検査もすませる速攻の対応でした。


この記事は、土曜日に書いていたのですが、長くて書ききれず、
今日曜日、リンタンを無事お迎えに行き、帰宅しております。
『先生、ありがとうございました』

犬歯4本とも残りました。(抜歯28本)
詳細報告は次の記事かな。。


『ありがとうございます』は
治療に対するありがとうございますと
もう一つ、セカンドセカンドオピニオンを受け入れられた『ありがとう』です。


関東や関西の大都市圏なら、獣医さんも山のようにいて、
どこの病院で何を専門にやっているとか、知ったこっちゃないでしょうが
リンタン地域のような小さな街では、たぶん、獣医さんも話したことはないけど
顔見知りなんていうのも有だとおもいます(地域地域の獣医師会がありますから)

そんな中で、厚別の病院は、歯石取りどころじゃないほぼほぼ抜歯だよと
直ぐに言われ、それはセカンドオピニオンでOKだけど
そのあとの病院は、やっぱりやりずらかったのではないかと思います。

ママ犬は結局ご近所の病院でしっかりした治療が受けられ
よかったよかったですが、、
無理言ってすみませんの一言でございます。

この記事は地方都市にお住いの方に特に参考にしていただければと思います。
歯の治療の場合、料金設定はほんとにかなり違います。
麻酔下で歯周ポケットの歯石の除去までで3万前後でやってくれる病院もあります。

ママ犬が最初に行った平岡の病院は8万かかりました。
それでも、機材も設備し、歯科治療学会のメンバーの記載もあり
しっかりした治療をしてくれると思ったからです。

10歳以降に麻酔を使う治療はしたくない
一回で終わらせてほしいという、強い希望と
虹の向こうにいったニャンコさんのうち2ニャンは、
免疫不全症と扁平上皮癌という病気のため
ごはんが食べられなくなるという可哀想な状況を見続けてきたからです。


歯周病は8割のワンニャンがかかっている病気と言われています。
直ぐに命に別状があるという病気ではございませんが、
向き合い方は、飼い主さんそれぞれとおもいます。

その向き合い方の一助にこの記事をしてくださればとおもいます。



あーーーーっ、リンタン無事に帰還してよかったよのママ犬で本日終了。
あらあらかしこ。
※ リンタン病院で本日朝ごはんしっかり食べたらしいです。さすがだな、、奴(笑)

★帰還したリンタン★
20180804-03.jpg


 



7-15-04_01.jpg7-15-04_02.jpg

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 PROFILE

profile

 ★RINTAN SHOPはこちらから★
rogo4.jpg
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
東北復興応援サイト

(↑鰹節・海苔・あたりめ)

いつでも里親募集中!


迷子の猫情報はこちら
★迷子の白い猫しらす


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。