『世界一おバカな飼い主と救急車に乗った犬 ― しめくくり編・日常のジョカーを引いてしまった奴ら ―』

 こんばんは~っ!ママ犬でーす。

 お騒がせしました(_"_;)無事手術も終わり退院してきました。コメントを寄せてくださった皆様本当にありがとうございます。

 さてさて、この『ママ犬と遊ぼう』は去年の3月7日に初回記事『雪国』の投稿から始まったブログです。知っている方も何人かはいらっしゃると思いますが、ブログを開設して1か月も経たない4月3日。ママ犬はリンタンをだっこしたまま車に突っ込み(←目測を誤りました)。。

 リンタンごとぶっ飛びました。。。『世界一おバカな飼い主と救急車に乗った犬』というタイトルで、事故の状況というか詳細を記載した記事をUPして、ブログに復帰したママ犬でした。

 実は今回の手術は急な病気や怪我などではなく、延していた交通事故の最終手術をしっかり病院でしてきたというものです。交通事故に関して、その後は大丈夫なのでしょうかというコメントをいただいていたことと、入院中に関することをブログで機会があったら、記事にしたいという気持ちもあり、今回の最後の手術を契機に、今日の記事で記載させていただきます。

 では、まず全治4か月の診断をされて、最初の入院で2回の手術を受け、ママ犬の足首近くに入っていたプレートとボルトの写真から。。。プレートは粉砕骨折をした細い方の足の骨を接合させるために入っていたもの、長いボルトは太い方の折れた骨を接合させるために入れられていたものです。

↓★大きさがわかるようにCDを後ろにおいています★↓
4-27-01.jpg


 最後の手術は言うまでもなく、きちんとついた骨からこのプレートと、ボルトを抜くための手術でしたが、5日で退院はやっぱり、かなりハードだったかも(笑)。。。

 ママ犬が、救急車で運ばれた病院(搬送先、夕方6時近かったこともあり3件ほど断られた後にたどり着いた病院)は、『命は平等』をモットーに、全国展開してる24時間営業の病院です。高い理念に基づいて作られたその病院は、残念ながら居心地のいい病院ではありませんでした。お金のない人でも治療が受けられるようにとの理想から作られたその病院は、1室に8床のベットを詰め込み、冷蔵庫などはもちろんなし、詰め込み過ぎた病床は廊下側のベットにはほとんど陽が当たることはなく、ベットとベットの間は車椅子がやっと1台入るくらいのスペースしかありません。おまけに築40年は経過しているだろうというその病院は、トイレが公園の公衆トイレのような、激しい臭さがあり、ママ犬は一番臭くないと思われるトイレまで、よく車椅子をぶっ飛ばして行っていたものです。

 救急車で運ばれ、直ぐに手術をしてから1週間、朝目が覚めると『ここはどこ、私は誰』状態…。要するに、起こったことすべてが受け入れられない。当時派遣で仕事をしてたママ犬、仕事はなくなるわ、収入はなくなるわ、おまけに生命保険も入っていない(ド貧血女ママ犬は、血小板増多症というわけのわからない病名がついた血液の持ち主で、生命保険には入れないのです(生命保険切り替え時に判明して、以来面倒なので生保には加入していなかった)←貧血放置するとなるので、ほっとかないで鉄剤もらいに、貧血の人は病院に行きましょう。。)

 ブルーにならない訳がない。その上築40年以上経過した建物の超暗いベット(←ママ犬一番廊下側・最悪)と待ち受ける4か月の車椅子・病院生活。寝る時間も起きる時間も決められ、当たり前だけど病院食、ママ犬にはほとんど刑務所に閉じ込められたような気分でした(←病院関係の方がいたらごめんなさい。。)

  交通事故なんて、交通事故なんて、間違いなく、日常生活の中にひそむ、思いっきりジョーカーひいちまったよ~~。え~~んんっっ。

 さてさて、人間往生際、もとい切り替えが肝心。ブルーな気分をいつまでも引きずっている訳には、いかない。入院から1週間くらい経った頃でしょうか、気の利く看護師さんが、おんぼろ車椅子の替りに新品車椅子を調達してくれてから、ママ犬は車椅子で病院探索をはじめ、巧みに車椅子を操り、病院内をかっとんでいました。

 そおして、次から次と入ってくる、ジョーカーを引いてしまった人達。。

 20代半ばの女子:仕事で備品を取りに備品室に行って備品をもって扉を閉めたら手に激痛、手を扉に挟んだと思ったら、いきなり床が血の海に。。一瞬気絶しそうになったが、気絶せず、会社の男性社員が指~落ちてると怒鳴り、本当に気絶したかったが、気絶できなかったと(←いったいどういう挟み方をしたら扉で指が落ちる。。)

 おまけにその女性、旭川(←札幌からJR2時間)の方で、男性社員が指を氷のにつけ、指を持って市内の病院に行ったら、うちでは手術できないといわれ、札幌に。ヘリで搬送でもしてくれるのかとおもいきや、JRに乗って札幌に来て北大で『うちではできいません』と断られ、そして切断した指をつける手術のできる、ママ犬がいた救急病院にやってきました。しかし、指はつかず。。。。
 ママ犬のいたその病院、ドクターは確かに腕はいい方ばかりだったと思います。


 40代前半女子:行きつけの『つぼ八』に呑みに行き、お酒がかなり強い方で、ボトル1本開けて、店長にバイバーイと元気にあいさつし、少し千鳥足で帰宅の途についたはずが、足元がちょっとふらついて、正面から思いっきりすっころびました。腕が本当は、舗装された道路にぶつかtるはずが、ぶつかったのはあるはずのない『割れた瓶』の破片の上。血がドロドロ出て、腕から筋肉が見えたとか、おまけに筋肉が見えただけじゃなく、白い糸のようなものが、傷口からピロピロ出ていたと、ホラー映画のような説明をうけたママ犬。一気に酔いが覚めたその方、直ぐに携帯で救急車を呼び、病院で切れた神経を縫い合せる手術を受け、そしてママ犬の隣のベットに。

 その方のリハビリは、1本1本の指の先にブラのホックのような爪を付け、そこにピアノ線をつけ、付けた5本のピアノ線は手首とひじの真ん中くらいに集められ、その1本1本のピアノ線を左手で引いて、指を動かすというものでした。ただしリハは20分程度。やりすぎると神経が切れてしまうとか。数か月したら、指は正常な動きほどではないが、動くようになるとのお話でした。ただし、その方は、これから一生、箸と茶碗以上に重いものは持てません。もったら最後、神経がまたきれてしまうから。。

 これくらいにしましょう。日常の中に潜むジョーカーを引いてしまった人達。

 病院にいて、そんな方たちを目の当りにしたら、日常生活自体も恐ろしくなる。平和な日々がまるで、奇跡のようにも思えてくる。

 関東東北大震災、震災からずっと、ママ犬は平和な日常に感謝して、ブログは平常更新を続けてきました。多分、あの入院からママ犬は、何も起こらない平和な日常がどんなに、尊いかということを学んだような気がします。

 月曜日に退院して、シャワーを浴びて、そのまま会社。帰宅9時。火曜日も、午前中に病院に行き、傷口の消毒をして、会社へ。帰宅10時。リンタンをまだ、リク家にお迎えにいっていません。。。

 リンタンはというと、むかつくくらい、リク家の一員になっているそうです。一人でおもちゃで遊び、そのうちおもちゃをを持って、リクママ遊ぼうよ!と毎日超元気とか、、、大好きな里穂姉ちゃんと里奈姉ちゃんが帰宅するとお迎えに行き、しっぽぶんぶんでリク君と争ってお迎えにはげんでいるとか&寝るときは、リンタン布団にもぐって寝ますが、寝場所はリクママの股の間を陣取っているらしいです(滝汗;;)

 ママ犬は要らんのかいなぁ~~~!!
てか、ワンコって、家族は多ければ多い方がいい???
リク家に行くと、いつもそんな気がしてしょうがないママ犬です。ごめんね、リンタン、ママ犬独り者で。。。。

 明日も仕事で遅いような気がします。(明日は昼出社)リンタンをお迎えに行くのは、GWに入ってからになりそうです。まぁ、嬉しそうだから、いいけど。ママ犬、リンタンのいないうちは、超・つまんないんですけど。
リクママがメールで送ってくれた、リンタンの写メをお届けします。

↓★リク家の一員リンタン その1★↓
4-27-02.jpg

↓★リク家の一員リンタン その2★↓
4-27-03.jpg

 ちょっとだけ、悲しい、悔しいママ犬でした。
 長~い文章最後まで読んでいただいてほんとにありがとうございます。
 ゆっくりになりますが、仕事の合間を見てコメレスいたしますです(_"_*)

bunnerbunner2

コメント

非公開コメント

Re: No title

★こんばんは~、のんちゃんママさん★

ご心配おかけしましたぁ(*^^*)

すっかり元気で、足も2日の日には抜糸で~す!
GWにお迎え予定でしたが、仕事が早く終わった時に
ちょっとだけ様子見にいったら、磁石みたいにくっついてくるので
しょうがないので回収してきました。

のんちゃんママも、様子をちょこっと見に行って、のんちゃんが磁石みたいに
くっついてきたら、え~~~いっ、大丈夫だぁ~とか
思っちゃいますよ(*^^*)

GWも、のんちゃんと楽しく過ごしてくださいね~!

Re: No title

★こんばんは~、まーさん家ママさん★

ご心配おかけしましたぁ。
ほとんど元気に戻って、しっかり会社も適度に切り上げてます(*^^*)

ママ犬、体育会系おバカの見本のような人なので、
リンタンと一緒なら、ちょっとくらいのロング散歩は
全然問題なしで~す&冬は、思ったより問題なく乗り越えましたぁ(笑)

リンタンはGWになったら1日中一緒にいられるので、
GW にと思っていましたが、様子を見にいったら、
リクママをほとんど無視して、ママ犬にくっついていたので、
リクママから回収命令が出て、回収してきましたぁぁ。。。(←寝返りの速さ?に滝汗のママ犬)

ママ犬に似て、おバカのようです。もっと空気を読めよ…
て、ワンコにそんなこと、できないかぁぁ。。



Re: No title

★こんばんは~、いっしんさん★

ご心配おかけしましたぁ!
足以外はすっかり元気です(←足のことの返事になってないって)

ママ犬は大人になってから入院3回目なんですけど、
やっぱり病院と病棟の看護師さんによりますね。。。

医大の婦人科に入院した時は、ほとんど、ナイチンゲールの集団でしたね(笑)
そういう看護師さんが、集まった病院の方が、少ないんだろうけど、
いっしんさんも、次に入院するときは、そういう病院にあたるように
お祈りしてます(←入院することを祈ってどうするんだぁぁあ…)

おばかな発言は、ほどほどにして、、、
いっしんさんは、フラン君がいるから、
ストレスもぶっ飛ばしてくれるし、
ブログを見てると、笑う門には福来たるで、
ほんとみんなを楽しませてくれるから、
いっしんさんのところには、ジョーカーは寄りつかないような気がします!

リンタン、すでに回収済みで~す!
GW、一緒に楽しくすごしま~す!!
いっしんさんも、たっくさん、GW楽しんでくださいね(*^^*)




Re: No title

★こんばんは~、バニラブルーさん★

おぉぉぉ、すごっ、車椅子仲間がぁ。

バニラブルーさんの、コメントを読んでいて、
入院中、ママ犬は宴会ができるような病院ではなかったので
ひたすら退院したら、何食べようと、、、ビールのもうしか考えて
いなかったことを思い出しましたぁ(←日常に感謝はどうしたぁ!)

ムショ病院の食事は、足以外元気な人間には
やはり、耐えられませんよね(笑)

感染症…で、あれはほんとに、むごいですね(←見てしまった。同じ骨折で本当に歩けるかわからない方…)

抜歯までは、ほんとにきをつけます。はい!


Re: No title

★こんばんは、KEIKOPYさん★

ご心配おかけしましたぁ(_"_;)

ちょっと目測を誤ったら、大変なことになってしまいましたぁ。。
または、自業自得とも言います(笑)

ジョーカーは引く人の方が、圧倒的に少ないので
大丈夫ですよ(*^^*)
因みに、ママ犬、でかい交通事故は2度目で
1度目は3歳の時で、こちらは記憶が写真状態。。

2回も事故に遭って、ぴんぴんしているので、
ジョーカーを引いても、踏みつけてしまいましょう(笑)

Re: No title

★こんばんは~、コミタン★

ご心配おかけましたぁぁぁ!
無理はしません。会社も適当に切り上げてます(笑)

リンタンはGWに迎えに行くつもりで、、
てか、話聞いてたら、GW前にうちに来ても、またお留守番になるから、
GWに迎えに行こうと思ってましたぁ。

様子見に、仕事が7時くらいで終わったときに行ってみたら、
やはし、そのまま回収ぢてきましたぁぁぁ。

てか、行ったらリクママを見向きもしないので、むっとした
リクママにしっかり回収を義務づけられましたぁ(笑&滝汗;;)


いえいえ、こちらこそ、よろPくです。
相変わらず、天然ボケで、抜いたねじは、そのまま頭に入れた方が
よかったのではという感じです(笑)
あきれず、リンタンブログに来てくださいね~~(*^^*)

Re: No title

★こんばんは~、ちゃぷこママさん★

誰ですか、国道を信号無視する奴は。。。(←おまえだ!)

記事の通り、使えない信号のせいで、結構事故多発地帯らしいです(後から知りました)
まんまと罠にはまって、渡ってしまいました(笑&汗)

リク家にいったら、しっぽぶんぶんで、リクママを見向きもせず、
豹変ぶりにリクママ、唖然でした。
うらぎりもの~とかいわれてました(笑)

しょうがないので、GW前に回収してきました。
相変わらずのリンタンとママ犬です。。。

Re: No title

★こんばんは~、lottieママさん★

ご心配おかけしました。ありがとうございます(*^^*)
自分の運動神経を過信しましたぁ(←高校生のように、早くは走れない!?)

びっくりさせようと思って、プレートとボルトの写真載せました(←事故写真もないし。。笑++)

リンタンは無事に回収してきました(←粗大ごみのような表現。。)

バカな突っ込みばかりを入れて、相変わらず、(世界一の)おバカのようなママ犬です。。。

Re: No title

★こんばんは~にあママさん★

にあママさんも、ムショ病院生活を
体験してたんですね。。通りで、ブログの深みのある文章。。。。

そのうえ、風邪かと思ったら肺炎なんて、、、
その勘違いも、十分怖い心配ですよ。

あんまり無理しないで下さいね。。
次は、風邪かと思ったら、結核だったりしすよ(笑;;)

Re: No title

★こんばんは~、ぶっちママさん★

あははっ、忙しいというか、貧乏暇なしです。
会社はサービス残業を推奨ですとはっきり言う社長だし(←すいしょうってどういう意味ですかぁという、20代女子に便乗して、推奨ってなんですかぁといっています。。)


迎えにいったら、しっぽぶんぶんで、ママ犬にべったりくっつき
リクママを見向きもしないので、リクママちょっとむっとしてましたぁ(笑;;)

Re: No title

★こんばんは~、TSUKASAさん!★

出所、笑える~~(*^^*)
病院って、お年寄りが多いから、
ムショ仲間は高齢の方が多かったんですが、
とりわけ、若めの人たちのお話を。。。

リンタンは奪回してきました(←結局GWまではまてず。。)
散歩終わってコメレスしてま~す!!

Re: No title

★こんばんは~、クックのママさん★

ご心おかけしましたが、大丈夫です(*^^*)

1年前の事故は、たいへんでしたが、
あっという間に時間が過ぎちゃって、釘抜く時期になったんだぁって感じです。

文章はそんなにうまくないですよ、、、
中身がちょっと特殊だから、最後までよんでもらえたかなぁ。。
クックのママさんも、車に乗っているので気を付けてね~^^

Re: No title

★こんにちは~、おたんたん★

ほんとだ、リンク先間違ってる。。。
さすが、ママ犬!
直しましたぁ、あはははっ、教えてくれてありがとう(^^)
そして多分1番探したのが、おたんたんのようなきがする(←アクセス解析にぬきんでて、ページを見まくったOCNの人が。。。)そのうえ、おたんたんのコメントが迷子になってて、記事からまる2日後にあらわれたぁ。

おかげで、みんな迷子になったみたい。。。
カテゴリの『おバカ』(←4件の記事)探したら、すぐでした、てかこのカテゴリ自体も毎回がおバカなのでこの『おばか』にカテゴリわけもやめてしまった。。

ブログ、始めてすぐのころって、リンの名前もリン(鈴)とか、リクママのことも2・3回書いたんだけど、
その後は面倒で説明はなしさぁ、、、(←相変わらずのママ犬。。)

ママ犬のおばかは天然だから、、自覚があんまりできな~い。
今日も、仕事の差し入れのケーキ、ケーキの箱の隣のお皿使ったら、灰皿だったぁ。。。

骨はくっついてるし、ちょっと異物を取り出しただけだから
リハビリはないよ~~!
ママ犬は天然おバカで元気だよん(←ちょっと、むくんで象さんの足だけど(笑))




No title

ママ犬さん、大変でしたね!
きっと、抜糸も終わっていないのでわ?
ママ犬さんは、とても意思が強く優しい方なのでしょうね!
私には、とても無理です。だって一人暮らしだと買い物とか何かと不安です。
のんは可愛くて、大好きだけどペットホテル行きです。
飼い主がちゃんと元気でなければ、ワンコも可哀想だし、確かにワンコは居ないと寂しいし、
我が子と一緒が良いですが、まずは飼い主しかワンコは頼れないと考えているので、
それまでは我慢をして貰い、自分が元気に対応出来るまでは、
リンタンもきっと我慢をしていると思うので、リク家の一員で我慢して貰いましょう?
事故は突然にやって来ます。どんなに気を付け居ても!
一日でも早い回復を祈っています。
ごめんなさい。偉そうに、自分の考えを押し付ける気は全くありません!
お疲れなのに長々と書いてしまいました。
早く、ママ犬さんの足の傷が良くなりますよ~に

No title

ママ犬さん、大変でしたね。
そんな事故にあっていたとは全然知りませんでした。
もう体調は大丈夫なのでしょうか。
私自身、病院で嫌な思いを今までに何度かしてきたので
(とはいえ、大した怪我ではないのですが・・・。)
「病院」というところは
人間扱いしてくれないところ・・というイメージがあります。
(私個人の感想ですけどね・・・☆)

ちょっとした出来事が事故に繋がるのだな・・と
様々なケースを読んで、身が引き締まる思いがしました。
と同時に、今、健康でいられることに本当に感謝。
普通の生活をしていられることに本当に感謝です^^

※リンタンは、意外と「カラ元気」かもしれませんね☆
早くママの所に戻れるといいねー♪
どうか無理なさらずに、このGWはゆっくり休んでくださいね。

No title

お帰りなさい。
そして、大変でしたね。お疲れ様でした。

自分も6年ほど前に、ほぼ同じようなことがあり、
病院内を車椅子で探検しておりました。(^-^;
いまはランニングも出来るほどになりましたが、
当時は「歩けなくなるかも」と宣告されるほど
深刻だったんだよなぁ・・とママ犬さんの記事を
拝見しながら思い出しました。
(金具もしっかり記念にとってあります。)

深刻とは言っても、整形外科病棟って、みんな怪我以外は
元気なので、毎晩宴会騒ぎをして、ナースさんに
「修学旅行じゃないのよ!」と怒鳴られてましたが。。(苦笑)

いまは奇跡的に歩けている自分・・・きっとこれは、
「もっと歩いて働け。まだまだ人様の役に立ちなさい」
と言う意味なんだろう・・と思い、気持ち的には、
恩返し?をさせて頂いております。

って、自分のことばかり長々と書いてごめんなさい。(^-^;
でも、こうした非日常を経験すると、ママ犬さんのおっしゃる
とおり『平和な日常』がどんなに尊いかって思いますよね。

術後は感染症なども怖いですので、どうぞお大事にしてくださいましね。(^^)

No title

まずは無事退院、おめでとうございます。
しかし・・・プレートの大きさに血の気が引きました。
痛かったでしょう! 大変でしたね。

いつか私もジョーカーを引く事があるでしょう。
それまで毎日を楽しく笑って過ごしたいと思います。
貴重な体験談、ありがとうございます・・

No title

退院オメデトウございますv-308
大変だったとは思いますが病気とかじゃなくて
本当に良かったです☆
粉砕骨折でボルトが入っていたのに
ロング散歩してたんですね!
冬は余計に冷えたんじゃないでしょうか?
リンタンへの愛情ですね♪

リンタン元気そうで何よりです^^
ちょっと寂しいですが、リンタンが元気がないと
安心して預かっていてもらえないですもん、
親孝行リンタンですi-236

No title

ママ犬さぁぁぁぁぁん 退院おめでとでーす(^^)v

やっぱり5日間の入院ではちと大変だったんだね
直に仕事に行くだなんて忙しすぎです、ママ犬さん!!!
大丈夫かい?心配~~(>_<) 無理はしちゃダメだよー

そんな大変なママ犬さんをよそにリンタンはリクくん家の
一員として元気に過ごしてたんだね(笑)
迎えにいくのはGWに入ってからってことはまだ会って
ないんだーきっと感動の再会だね♪その様子はブログで
見れるかな?(^^)

何気なく過ぎて行く日常・・・それこそが幸せなことで
ものすごく有り難いことなんだよね
ママ犬さんの日記を読んであらためて強く強く思ったよ
ありがとね&ママ犬さん、これからもよろしくです!

No title

ママ犬さんおかえりなさい!
事故ってたなんて知らなくて、
読んできました><
おばかさん!
国道を信号無視しちゃだめー!
リンタンが無事でよかったですね!
わんこより、自分のケガや病気のほうが
いいですものね。
でっかい鉄板とくぎがはいってたなんて。
そしてこわい、ジョーカーこわい!泣

リンタン、楽しそうに暮らしてるようで(笑)
きっとお迎えにいったら、リクくんのご家族にも
帰らなくていいよーっていわれそうですねー

No title

こんにちは~☆
退院おめでとうございます♪

入院と聞いて、どうしたのかしら。。。と思ってましたが、
最終手術と知り、安心しました。
・・・が、体の中にボルトが入っていただなんて
ビックリしました。(@_@;)
どうぞ目測を誤らないでくださ~い!(笑)

リンたんが居ないと寂しいですね。。。
ママ犬さんの寂しさが文面から伝わってきます。(>_<)

No title

ひ・・・ひえええええ

ママ犬さん 大変だったんですね!
私も 入院した時
「飲み屋で働いていた男の子 シャンパンを開けたら なぜがコルクが 目に当たり 目がつぶれた」
「元気に歩いていたら 何かにぶつかったらしい 気づいたら 病院にいた←車に突っ込まれた」
などの人と 仲良くなりました・・・

ああ・・・私は 風邪かと思ったら 肺炎で死にかけてただけなので 心配ないです

No title

退院おめでとうございます!
最初から今も休むことなく忙しいのですね。
どうかご無理なさらないで下さいませね^^;

リンタン、安心できる別邸があるなんていいなぁ~^^

No title

どもで~す!

(-_-メ)お勤め御苦労さまでした(出所風)!!
 なるほど!そうだったのですね!
安心しましたよ❤

それからムショ仲間の話は・・・・痛い痛い(・・;)

リンタン早く迎えに行けると良いですね☆

No title

事故の後 骨にしてあったポルトとか
取る手術だったんですね、

軽い乗りだったし、
驚きました、でもお大事にね。

過去の事故は大変でしたね、
車の事故 怖いです、
長文すごくまとめるのが 上手で
その辺も 驚きです。
文系ですね、

No title

こんちわー

とりあえず退院おめでと~!
去年の事故後の記事も読んできたけど
けっこうなジョーカーを引いたんだね…
(ちなみにリンク先間違ってない?
探すの大変だったよ!(-_-)

でも、、生きてて良かったね。。
リンタンが無傷だったのも本当よかった。。

あと意外な発見としてリク家の真実!
ママ犬とやっちゃんの関係を知ったら
安心しました。。
退院したのにすぐ迎えに行かないなんて
ずうずうしいなぁ~と思ってたら
リンタンにとっては第二のお家みたいなもんなのね!
そりゃ股ぐらで寝るよね(笑)

とにかくあんなごっつい金具を取り出したばかりなんだから
無理せず自分が世界一おバカな飼い主だと言う事を自覚して
これからリハビリに励んで下さい。。

 PROFILE

profile

 ★RINTAN SHOPはこちらから★
rogo4.jpg
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
東北復興応援サイト

(↑鰹節・海苔・あたりめ)

いつでも里親募集中!


迷子の猫情報はこちら
★迷子の白い猫しらす